TOP 概要 作品 教会建築


教会建築参考文献リスト

作成:永野卓 / 永野卓建築設計事務所
※注) リストは,作成者が実際に目を通したものから選定した(完全に網羅されたものではない)。

著者がクリスチャンか否かは,情報を得る側にとって重要な意味を持つと判断し[†]で表記した。(確認できてない場合は未表記)

絶版や価格は変動するので参考程度に。

カテゴリー分けはかなり強引であるがこれも参考程度ということでご容赦願う。

※重要)この中にはキリスト信仰的に必ずしも有用とは言えない物も含まれる。資料の活用に際し慎重な吟味が必要なのは言うまでもない。例え著者がクリスチャンだからといって鵜呑みにはしないで欲しい。

☆ 新規追加
091017
信仰 礼拝/ クリスチャン アーティスト
様式 美術 歴史 紀行/ フィンランド光の旅
ヴォーリズ / ここが世界の中心です

 
 
 
 
INDEX



クリスチャンアーティスト /バイブル・アンド・アート・ミニストリーズ 編/燦葉出版社/税込1,890円

プロテスタントのクリスチャンアーティストとその作品が、信仰、
教会、社会と共生しながらいきいきと輝くための視点が詰まった一冊。
永野卓「教会建築を求めて」掲載。
いのちのことば社 ゴスペル ショップで見る
教文館で見る



書店で書籍を検索する場合のリンク
教文館・キリスト教書で探す
いのちのことば社 ゴスペル ショップ・キリスト教書で探す [初期値:建築]
日本キリスト教団出版局・キリスト教書で探す
南洋堂書店で探す [初期値:教会]
Book Town じんぼうで古書を探す
日本の古本屋で古書を探す
ジュンク堂書店で探す [初期値:教会 建築]
Amazon・和書で探す [初期値:教会 建築]
Amazon・洋書で探す [初期値:Architecture church]





 
 

 
 
信仰 礼拝



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
クリスチャン アーティスト。 バイブル・アンド・アート・ミニストリーズ[†] 1800 2009.09.25
燦葉出版社
クリスチャン美術のあり方を探る。バイブル・アンド・アート・ミニストリーズの機関誌に掲載されたもから抜粋・再構成。
研究の章に建築家・山口晋作氏の「プロテスタントの教会堂を知る」と永野の拙文「教会建築を求めて」の項がある。
連載「旅する教会」40話 加藤博道 1800 2009.03.25
聖公会出版
16話から25話まで、計10話分が教会建築についての話。
建築以外の部分を含め、全体にわたって極めて注意深くバランスに配慮されている印象を受けた。内容は特定教派の視点にとどまらない。教会建築のもつ各種の問題が簡潔に分かりやすく記述されていて、ノンクリスチャンにとっても教会建築の理解の大きな助けとなると思う。

4882741997
Amazonでみる
キリスト教の礼拝 J.F.ホワ イト[†]
越川弘英[†]
6,500 2000.06.25
日本基督教団出版局
礼拝に関する研究書。お勧め。
建築に詳しい記述(第3章礼拝と空間)があり非常に参考になる。
Amazonでみる
キリスト教の礼拝
キリスト教の礼拝の歴史 J.F.ホワイト[†]
越川弘英[†] 訳 
5,200 2002.03.15
日本基督教団出版局
上記「キリスト教の礼拝」の姉妹編。こちらも建築について詳しく述べられている。 Amazonでみる
キリスト教礼拝の歴史
改革派教会の礼拝 ウィリ アム・デルバート・マックスウェル[†]
勝 田英嗣訳[†]
2,400  2002.06.29
一麦出版社
第19章に教会堂についての記述がある。
礼拝に何が必要か 芸術との共同  ジャネット・R・ウォルトン[†]
山田直美 訳 
2,800 1997.01.25
日本基督教出版局 
Amazonでみる
礼拝に何が必要か―芸術との共同
神の家 ジョン・サンダース[†]
管光晴 訳 
1,300  2001.07.20
小牧者出版 
眠い中で読み流したせいで,教会建築についての本なのか,教会そのものについての本なのかよく分らなかった。多分後者。 もっとも目指すところは同じになるとも言える。 
よりよい礼拝をささげるには ロナルド・ B・アレン/ゴードン・L・ボロー[†]
富井悠夫[†]
2,600 1989.07.01
いのちのことば社
礼拝における美の意味について。
原題は「失われた宝石の再発見」だが,なぜこんな邦題になるのだろう。
聖卓に集う
日本福音ルーテル教会礼拝式書解説
前田貞一[†]
1,000
2004.07.20
教文館
礼拝で行われる内容のそれぞれについて歴史的意味が学べる。会堂についての解説あり
Amazonでみる
聖卓に集う―日本福音ルーテル教会礼拝式書解説
礼拝への招き 森野善右衛 門[†] 2,500 1997.12.05
新教出版社
IV-七に「教会堂建設の原理と実際」の項あり。
おすすめ。
Amazonでみる
礼拝への招き
ペンテコステ神学 大川修平[†]
2,700
2006.0918
マルコーシュ・パブリケーション
ペンテコステ信仰について。
建築的には第16章「新しい霊・新しい神殿」の項に注目。
角笛を口にあてよ デビット・ ウィル・カールソン[†]
角笛出版翻訳委員会[†]
1,500
1991.0401
角笛出版
建築計画を始める前に是非一読を。第5章「会堂建設」の項がある。
人が神にならないために 荒井献[†] 1,700
1993.0410
コイノニア出版
聖書の研究で知られる荒井献氏のメッセージ集(牧師ではないそうです)。
聖書に関する博識さは説得力をもつ。「4 教会をたてる」「5 教会にたてられるために」「6 キリストの体としての教会」が教会建築に触れている。聖書は建築を例えとしと語っている部分は多いが,それ故,私自身はそれを直接的に教会建築という建物にあてはめることを避けてきたところがある。だからこの本を読んで虚を衝かれた感じがした。少し素直に聖書を読み返していいのかもしれない。
Amazonでみる
人が神にならないために―説教集
魅力的な礼拝へのかぎ
サドルバック教会からの追伸
リック・ウォレン[†]
河野勇一 訳編
500 2001.06.25
いのちのことば社
Amazonでみる
魅力的な礼拝へのかぎ
礼拝と音楽No.64
特集:教会堂と音響
1,117 1990.02.01
日本基督教団出版局
礼拝と音楽No.88
特集:信仰表現としての象徴
1,117 1996.02.01
日本基督教団出版局
礼拝と音楽No.113
特集:礼拝の空間・動き
1,124 2002.05.01
日本基督教団出版局
百万人の福音2003年10月号
特集:目に見えないものを形に
-建築デザイナーたちの視点-
562 2003.10.01
いのちのことば社

 
信仰的哲学 建築・芸術論



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
ティリッヒ著作集 第七巻
文化の神学
パウル・ティリッヒ[†]
谷口美智雄/竹内寛/木下量煕[†]/田辺明子 訳 
3,000  1978.05.25
白水社 
プロテスタントの数少ない芸術・建築論。お勧め。ただし難解。
「プロテスタンティズムと教会建築」という項目あり。
Amazonでみる
ティリッヒ著作集 (第7巻)
芸術と建築について パウル・ティリッヒ[†]
前川道郎[†]
6,200 1997.11.25
教文館
プロテスタントの数少ない芸術・建築論。お勧め。ただしやっぱり難解。 Amazonでみる
芸術と建築について
パウル・ティリッヒと芸術 マイケル・F・バーマー 著
野呂芳男/指谷朋子 訳 
6,700  1990.01.25
日本基督教団出版局
テイリッヒの矛盾にせまる。 Amazonでみる
パウル・ティリッヒと芸術
ティリッヒの宗教芸術論 石川明人 4,800  2007.05.25
北海道大学出版会 
難解なティリッヒの芸術論を解き明かす好著。言葉を慎重に整理して語られるところが分かりやすく,読みやすい。これはお勧め。
『第6章「聖なる空虚」としての教会建築』が建築論を扱う。
ティリッヒの論を踏まえて考えると,「真に信仰的な」教会建築は信仰あるものにしか設計を成し得ないという結論につきあたるのだが…?
なお,現在教会でよく聞かれる「宗教的」要素を排除し本質的な信仰にたつという概念は,ティリッヒの言う「宗教的」であるという概念に近いと思われる。言葉の意味が反転しているため,読むときは頭の整理が必要になるかもしれない。
Amazonでみる
ティリッヒの宗教芸術論 (北海道大学大学院文学研究科研究叢書 10)
人と思想135
ティリッヒ
大島末男 700 1997.11.17
清水書院 
Amazonでみる
ティリッヒ (Century Books―人と思想)
聖書の視座から人間の経験をよむ リーランド・ライケン[†]
新井明 監訳
4000 1998.11.30
すぐ書房
キリスト教芸術論。
クリスチャンにとっての芸術の意味を探求。
邦題はなんだか迷走気味だが内容はわかりやすい。
ただ芸術に期待しすぎの感がある。
Amazonでみる
聖書の視座から人間の経験をよむ
芸術と聖なるもの G.ファン・デル・レーウ[†]
小倉重夫 訳
(3500)
絶版
1980.05.10
せりか書房
信仰と 芸術の関係が分野別に語られる。
第五章 神の館と人間の家 が建築についての記述。難解ではあるがこれはおすすめ。
Amazonでみる
芸術と聖なるもの (1980年)
 
建築計画



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
プロテスタントの宗教建築 
歴史・特徴・今日的問題
B.レモン[†] 著 
黒岩俊介 訳
8,500 2003.06.25
教文館
必読。日本語でよめる最重要な参考書である。現代の教会建築が持つ問題点の把握に有効。 [しかし教会建造物に関しての最悪の解決法は安普請である。](p322)という指摘は重く受け止めたい。
この種の本がたくさん翻訳されると嬉しいのだが。
Amazonでみる
プロテスタントの宗教建築―歴史・特徴・今日的問題
教会建築 高橋保行土屋吉正[†]長久清[†]加藤常昭[†]奈良信[†]岩井要[†] (15,000) 絶版  1985.02.25
日本基督教団出版局 
絶版なのは惜しい。 もっとも再刊するには大幅に手を入れる必要があるかもしれない。 巻末の参考文献リストがとても重宝。  教会建築 (1985年)
Amazonでみる
e+p(設計+計画)
教会
Kirchliche Zentren  (2,400) 絶版  1977.03.10
集文社 
多くのユニークな教会のプランは見ているだけ楽しい。 E+P〈15〉教会―設計+計画 (1977年)
Amzaonでみる
建築設計資料 教会建築
-キリスト教会・修道院・学園- 
建築思潮研究所編
長島孝一[†]解説文
3,505  1992.03.01
建築資料研究所 
教会建築 キリスト教会・修道院・学園 (建築設計資料)
Amazonでみる
ハンディキャップのある人びとを配慮した教会建築 人権福祉委員会編集[†] 1,553  1991.05.25
カトリック中央協議会 
バリアフリーに関する内容。教会堂建築固有の問題ではなく,もはや常識。
内容的にはもはや古い。 
RELIGIOUS FACILITIES
New Concept in Architecture & Design
現代建築集成/宗教施設
藤木隆男 監修 15,534 1997.06.20
メイセイ出版
現代の一流建築家による教会建築が見られる。 仏教寺院,神社と一緒なのはかなり抵抗がある。 Amazonでみる
RELIGIOUS FACILITIES―New Concepts in Architecture & Design (現代建築集成―宗教施設)
天と地をつなぐ空間教会堂
岩井要・真建築設計事務所作品集 1965-1995
岩井要[†]
佐藤雄一 写真
13,000 1995.11.20
日本基督教団出版
各作品のコメントは図版と共に非常に参考になる。都市のど真ん中にある銀座教会。そのファサードは素晴らしい。 天と地をつなぐ空間 教会堂―岩井要・真建築設計事務所作品集1965‐1995
Amazonでみる
教会堂建築
構想から献堂まで
田淵諭[†]
5,500
2006.4.28
信教出版社
会堂建築においてすべきことを分かりやすく 解説した建築を考える教会必携のマニュアル。
Amazonでみる
教会堂建築―構想から献堂まで
礼拝と礼拝堂 長久清[†] (900)絶版 1970.12.22
日本基督教団出版局 
「教会と教会堂」と重なる部分が多いが,建築の信仰的な意味についての記述はこちらの方が詳しいかな。こちらも併せて読む 価値あり。 礼拝と礼拝堂 (1970年)
Amazonでみる
教会と教会堂 長久清[†] (2,816) 絶版  1988.12.10
日本基督教団出版局
教会と教会堂
Amazonでみる
教会と教会堂
増補版 
長久清[†] 3,100  2000.07.25
日本基督教団出版局 
非常に参考になる本だが,個人的には,この本の内容は適用できない礼拝の形態を持った教会が増えていると感じている。  教会と教会堂
Amazonでみる
教会建築 玉眞秀雄[†] (780) 絶版 1953.02.20
彰国社
古い本だが読む価値あり。 教会建築 (1953年)
Amazonでみる
続教会建築
ビザンチン様式の定義とその年代について
玉眞秀雄[†] (2,000) 絶版 1968.06.10
彰国社
ビザンチン様式の教会について。 教会建築〈続〉―ビザンチン様式の定義とその年代について (1963年)
Amazonでみる
神の民の家 E・A・ソピック[†] (100) 絶版 1969.12.15
聖文舎
54ページの薄さだが内容充実。
建築の信仰的意味が明快に語られる。プロテスタントの教会の十字架はラテン十字よりギリシャ十字が相応しいという問題提起が気になる。
聖堂ウオッチング
-礼拝を10倍楽しむ-
小池虔二[†]
記載なし
1999.9.29
日本聖公会大阪教区GFS
聖公会の教会建築について学べる。

建設の記録



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
神の現実
M・バジリア・シュリンク[†]
高橋三郎/大友陽子 共訳
1,068
1975.
カナン出版
1945年に始まるドイツのプロテスタント系修道院の建設記録。
そこで起こった数々の出来事がタイトルに表されている。
教会建築において最も重要な事が学べる。
素晴らしい信仰書。お勧めNo.1 !
神の民の家・祈りの家をここに建て 鎌倉雪ノ下教会長老会[†]
加藤常昭[†]
和木通 写真 
記載無し  1985.06.01
日本基督教団鎌倉雪ノ下教会
神の民の家・祈りの家をここに建て (1985年)
Amazonでみる
グロリアチャペル 建設の記録 キリスト品川教会[†]
鬼頭梓[†]建築設計事務所 
記載無し  1994.09.20
キリスト品川教会 
教派の違う編集者によるあとがき。その内容はちょっとした驚きであった。 
ここに生きる
滝野川教会新会堂建築の記録 
滝野川教会[†] 1,942  1991.05.26
日本基督教団滝野川教会   
  設計はフランク・ロイド・ライトの弟子,遠藤楽氏。   
信仰の表現としての教会建築
その大いなる記録 
手束正昭[†] 2,500
  
1990.11.25
キリスト新聞社
かなりの部分で共感できるのは事実。
しかし建築的評価の視点では,辛い…。
信仰の表現としての教会建築―その大いなる記録
Amazonでみる
広場の中の教会
ジョージ・ケアリー[†]
手束正昭[†]監修
辻節子[†]
2,200
1994.11.15
生ける水の川
教会の成長と平行して語られる教会堂の建設の軌跡。感動的で,そして学ばされます。建築の目的を明確に見いだすことの重要性を。
教会の方にはもちろん,設計者にも,強くお勧め!
教会建築証し集
だが教会は建った
ネヘミヤ建築研究所[†]編  1,359    1993.07.15
一粒社 
  
教会堂建築シリーズ合本
No.1〜No.123
クリスチャン新聞[†] 記載なし 日付記載無し
クリスチャン新聞
クリスチャン新聞に掲載された,教会堂建築の特殊記事を集めて製本したもの。以前クリスチャン新聞のホームページで受付 けていた。
原寸サイズ版とA3版サイズの両方があり,A3版の縮小版を注文したのだが,これは失敗。字が小さくて読めない。
今,購入できるかどうかは不明。 
光の教会
安藤忠雄の現場 
平松剛 1,900  2000.12.09
建築資料研究者 
建築技術の話が,分かりやすく表現されていて関心した。  Amazonでみる
光の教会―安藤忠雄の現場
 
聖地 イスラエル



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
図説
イェルサレムの歴史
ダン=バハト 著
高橋正男 訳
1,800  1993.04.24
東京書籍 
図説 イェルサレムの歴史
Amazonでみる
真実のイエス イアン・ウィルソン 著
小田卓爾 訳
4,000 1997.06.17
紀伊国屋書店
Amazonでみる
真実のイエス―伝説の謎にせまる
聖書の遺跡を旅して ペーター・バム 著
岡元藤則 訳
(560) 絶版 1962.05.10
岩波新書
聖書の遺跡を旅して (1962年)
Amazonでみる
図説
聖書の大地
ロバータ・L・ハリス 著
大坪孝子 訳 
4,800  2003.08.14
東京書籍 
建築の図が豊富。 Amazonでみる
図説・聖書の大地
NEWTONアーキオ VOL.5
約束の地
聖書の考古学
吉村作治 編集主幹 1,720 1999.01.10
ニュートンプレス
Amazonでみる
NEWTONアーキオ―ビジュアル考古学 (Vol 5) (NEWTONムック)
 
幕屋



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
幕屋
神の会見の天幕 
A. J. ポロック[†] 2,000  1982.10.15
伝道出版社
幕屋―神の会見の天幕 (1982年) Amazonでみる
幕屋 ルース・スペクター・ラセール[†]
小山大三 訳 
2,427  日付記載無し
岐阜純福音出版会 
図版が稚拙なのがどうも…。 
幕屋の貴い宝石 B. R. ヒックス[†]
クライスト ゴスペルチャーチ[†]
2,000  1998.04.30
クライスト・ゴスペル・チャーチ 
図版がさらに稚拙なのがどうも…。
幕屋
〜祭司と捧げ物〜
ヘンリー W.ソルトー[†]
野中誠/内藤永/谷下寛[†]
2,000
2004.08.30
牧草社
これは,図版が安心して見れる。
 
天主堂



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
NHK美の壺
長崎の教会
NHK[美の壺]制作班 編著 950 2008.06.30
日本放送出版協会
p38にある「マリア様という異国の女性の神様…」という博物館の学芸員の方のくだりが長崎の天主堂の持つある種の沈痛さを象徴している。
それは異端化という空しさの歴史。
Amazonでみる
長崎の教会 (NHK美の壺)
天主堂
天主堂写真集/天主堂物語 
雜賀雄二 11,650  1989.12.25
新潮社
天主堂―天主堂写真集・天主堂物語
Amazonでみる
天主堂
光の建築
雜賀雄二  3,800 2004.06.07
淡交社
失われていく天主堂にさびしさ。早く見に行かなくてはと思うのだが・・。 Amazonでみる
天主堂―光の建築
長崎の天主堂と九州・山口の西洋館 太田静六  4,800 1982.07.05
理工図書
素晴らしい研究の成果。だが,写真62の「柱頭の意匠が何の植物を表しているか解らない」というp187の記述は解せな い。聖書を読まないで天主堂の研究 をしていたのだろうか。葡萄じゃないのか。  長崎の天主堂と九州.山口の西洋館
Amazonでみる
鶴岡カトリック教会
天主堂ものがたり
萩原 泉  800  1979.06.03
東北出版企画 
鶴岡カトリック教会天主堂ものがたり―重要文化財・明治ロマネスク建築の記念碑 (1979年)Amazonでみる
三沢博昭写真集
大いなる遺産
長崎の教会
三沢博昭  3,800  2000.08.15
智書房 
大いなる遺産長崎の教会 改訂版―三沢博昭写真集
Amazonでみる
芸術新潮2000.10
特集 遠藤周作「沈黙」のふるさと
長崎切支丹ジャーニー
   1,143  2000年10月号
新潮社 
  
神父ド・ロの冒険 森禮子  1,800  2000.03.15
教文館 
ヴォーリズにしてもそうであるが,なぜに,過去の宣教師には,こうも素晴らしい建築の才能が与えられたのであろう…。  Amazonでみる
神父ド・ロの冒険
長崎の天主堂 パチェコ・ディエゴ[†] 記載なし 1976.08.01
西日本文化協会
長崎の天主堂 (1976年)
Amazonでみる
木下陽一写真集
西海の天主堂
木下陽一  (2,200) 絶版  1991.05.01
日本カメラ社 
天主堂物語
木下陽一写真集
木下陽一 3,000
2004.11.08
海鳥社
なんでみんな 同じタイトルをつけたがるのか。混乱する。
Amazonでみる
天主堂物語 (海鳥フォト・ブックス)
旅する長崎学5
キリシタン文化V
教会と学校が長崎の歴史を語る
571
2006.11.30
長崎文献社
外圧によってでしか信仰の自由を認めなかった日本。その国の宣教物語ダイジェスト。
旅する長崎学 (5)
Amazonでみる
 
修道院



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
西ヨーロッパの修道院建築
=戒律の共同空間= 
W.ブラウンフェルス 著
渡辺鴻 訳 
(3,800) 絶版  1974.11.10
鹿島出版会 
西ヨーロッパの修道院建築―戒律の共同体空間 (1974年)
Amazonでみる
岩波新書151
修道院
-祈り・禁欲・労働の源流- 
今野國雄 380  1981.03.20
岩波書店 
修道院―祈り・禁欲・労働の源流
Amazonでみる
天使のような修道士たち
修道院と中世社会に対するその意味 
ルドー・J・R・ミリス 著
武内信一 訳
3,500  2001.03.25
新評論 
タイトルによる印象より内容はハード。
第8章芸術的表現の項が特に参考に。
Amazonでみる
天使のような修道士たち―修道院と中世社会に対するその意味
天使の聖母
トラピスチヌ修道院
野呂希一  2,900  1998.04.27
青菁社 
美しい写真集。  Amazonでみる
天使の聖母 トラピスチヌ修道院
ル・コルビュジエ
ラトゥーレット修道院
セルジオ・フェロ/
シェリフ・ケルバ/
フィリップ・ポティエ/
シリル・シモネ 著
中村好文 監修
青山マミ 訳 
2,762  1997.09.10
TOTO出版 
ル・コルビュジエ ラ・トゥーレット修道院
Amazonでみる
イギリスの修道院 志子田光雄/志子田富壽子 2,800 2002.11.25
研究社
<Amazonでみる
イギリスの修道院―廃墟の美への招待
聖ベルナール小伝 ピエール・リシェ 著
稲垣良典/秋山知子 訳
2,200 1994.09.25
創文社
聖ベルナール小伝
Amazonでみる
a+u 08:04
特集:ル・トロネ修道院 + 美術館再考
2500 2008.04.01
エー・アンド・ユー
突然何故,ル・トロネの特集なのだと思ったら,今,宗教建築が議論や実践の対象として復活を遂げつつあるのだそうだ。神聖さを求めて多くの建築家が探求しているということだろうか。 結論はクリアにある。本当の神を知ること,それ以外には成し得ない。よく考えれば当たり前のこと…。 Amazonでみる
B0015RA0RU
 
正教



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
東京復活大聖堂修復成聖記念誌 東京復活大聖堂修復成聖記念誌刊行委員会[†] 記載なし 1998.05.17
日本ハリスト正教会教団
東京復活大聖堂教会
千代田区神田にあるニコライ堂の平成における修復工事の記録。
イコンのこころ 高橋保行[†] \1,800 1981.04.10
春秋社
すべてに同意は難しいが,考えさせられる部分も多い。 イコンのこころ
Amazonでみる
芸術新潮2003年12月号
ロシア・イコンへの旅
\1,333 2002.12.01
新潮社
  
 
教会建築史



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
横浜・長崎
教会建築史紀行
祈りの空間をたずねて
横浜市都市発展記念館 記載無
(税込1000)
2004.05.22
横浜市都市発展記念館
同名の展示会のカタログ。
展示会でクリスチャンの苦難の時代を思い,胸が痛んだ。
近代日本建築にひそむ西欧手法の謎
「キリシタン建築」論・序説
宮元健次 2,505 1996.01.10
彰国社
近代日本建築にひそむ西欧手法の謎―「キリシタン建築」論・序説
Amazonでみる
講座 日本のキリスト教芸術 2
美術・建築
神田健次[†]責 任編集 3,000 2006.09.20
日本キリスト教団出版局
失望の一冊。
あまりにも未整理な内容にあきれる。
「キリスト教会に所属する建築家」の項で紹介される建築家の中ででクリスチャンの方は一部のみ。これは誤認によるものなのか??
読者を馬鹿にしている。
Amazonでみる
講座 日本のキリスト教芸術〈2〉美術・建築 (講座日本のキリスト教芸術 2)
 
建築史



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
SD選書240
建築史の基礎概念
ルネサンスから新古典主義まで
パウル・フランク著
香山壽夫[†]/武澤秀一/宇佐見真弓/越後島研一 訳
2,400 2005.08.25
鹿島出版会
建築空間論。教会建築に関しての記述が中心で,おおいに参考になる。
とはいえ前半部分を読むのはかなりしんどい作業。この本に限らず,記述から訪れたことのない空間をイメージするのは実際かなり難しい。旅に出て確認したくなってくる。
「第4章目的意図」で教会建築における建築者の目的や意図に言及していてるところが特筆。ただ,空間や形態を扱う前の章と融合された内容であればもっと良かった思う。
とにかく読むべき本である。
建築史の基礎概念―ルネサンスから新古典主義まで (SD選書)
Amazonでみる
新版
ヨーロッパ建築序説
ニコラウス・ペヴスナー 著
小林文次/山口廣/竹本碧 訳 
4,660  1989.05.30
彰国社
結局,教会建築史というのはヨーロッパ建築史とイコールなんだよネ。 Amazonでみる
4395050832
図説建築世界史5
ビザンティン建築
シリル・マンゴー 著
飯田喜四郎 訳
12,000 1999.11.10
本の友社
Amazonでみる
ビザンティン建築 (図説 世界建築史)
図説建築世界史7
ロマネスク建築
ハンス・エリッヒ・クーバッハ 著
飯田喜四郎 訳
9,515 1996.09.20
本の友社
Amazonでみる
ロマネスク建築 (図説世界建築史)
図説建築世界史8
ゴシック建築
ルイ・グロデッキ 著
前川道郎[†]/黒岩俊介 訳
9,515 1997.01.10
本の友社
Amazonでみる
ゴシック建築 (図説 世界建築史)
図説建築世界史10
ルネサンス建築
ピーター・マレー 著
桐敷真次郎 訳
12,000 1998.09.10
本の友社
Amazonでみる
ルネサンス建築 (図説世界建築史)
図説建築世界史11
バロック建築
クリスチャン・ノルベルグ=シュルツ 著
加藤邦男 訳
12,000 2001.03.10
本の友社
Amazonでみる
図説世界建築史 (11)
図説建築世界史12
後期バロック・ロココ建築
クリスチャン・ノルベルグ=シュルツ 著
加藤邦男 訳
12,000 2003.04.10
本の友社
Amazonでみる
後期バロック・ロココ建築 (図説世界建築史)
図説建築世界史13
新古典主義・19世紀建築[1]
ロビン・ミドルトン/ディヴィッド・ワトキン 著
土居義岳 訳
12,000 1998.05.20
本の友社
Amazonでみる
新古典主義・19世紀建築〈1〉 (図説世界建築史)
図説建築世界史14
新古典主義・19世紀建築[2]
ロビン・ミドルトン/ディヴィッド・ワトキン 著
土居義岳 訳
12,000 2002.05.10
本の友社
Amazonでみる
図説世界建築史 (14)
 
教会建築紀行



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
古教会への誘い 伊藤龍也 2,300 2007.08.25
現代書館 
日本の歴史ある教会堂の写真集 Amazonでみる
古教会への誘い
別冊太陽 日本のこころ-119
日本の教会をたずねて
八木谷涼子 編 2,300 2002.10.25
平凡社 
藤森照信氏の文「日本人教会に出会う」の最後の部分にはドキッとさせられます。 Amazonでみる
日本の教会をたずねて (別冊太陽―日本のこころ)
別冊太陽 日本のこころ-127
日本の教会をたずねてII
八木谷涼子 編 2,400 2004.02.23
平凡社
光の教会や広島の世界平和記念聖堂等。
第三弾も期待したくなります。
Amazonでみる
日本の教会をたずねて2 (別冊太陽 日本のこころ)
教会のある風景 亀田博和 1,905 2000.03.20
東京経済
Amazonでみる
教会のある風景―日本の教会美を訪ねて
教会と出会う旅 湯村京子[†] 1,600 2001.11.10
透土社
Amazonでみる
教会と出会う旅―野の花、空の鳥
東京人 2006年7月号
特集 そっと訪ねたい東京宗教建築

857
2006.7.3
都市出版
東京の名教会建築が紹介されている。
特集内の対談「宗教建築の見方,つくり方」は違和感満載。
Amazonでみる
東京人 2006年 07月号 [雑誌]
 
様式 美術 歴史 紀行



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
フィンランド光の旅
LIGHT SPACE in Finland
小泉 隆 2800 2009.08.10
プチグラパブリッシング
を光を焦点において捉えた美しい写真集。
教会建築が多数収録されている。建築家・ユハ・レイヴィスカ氏の寄稿文あり。
Amazonでみる
4903267733
柳宗玄著作選6
サンティヤーゴの巡礼路
柳宗玄 4800 2005.06.10
八坂書房
12世紀頃の巡礼マニュアル「サンティヤーゴ巡礼案内書」全訳付。 Amazonでみる
サンティヤーゴの巡礼路 (柳宗玄著作選)
岩波新書661
秘境のキリスト教美術
柳宗玄 740 1967.11.20
岩波新書
カッパドキアの遺跡からシトー派修道院まで。文が生き生きとしていて結構面白い。 Amazonでみる
秘境のキリスト教美術 (1967年) (岩波新書)
アルメニア共和国の建築と風土
Out of the Frame
篠野志郎 2800 2007.11.05
彩流社
アルメニアの教会建築の調査の記録。写真集。
深く文化に立ち入った視点からの記述が心に染みる。
Amazonでみる
アルメニア共和国の建築と風土―Out of the Frame
イギリスの大聖堂・歴史の旅 石原孝哉 / 市川仁 / 内田武彦 2400 2005.06.30
丸善
教会のゴシップを読んでいるような…。もちろん教会は死んでから行くところではない。 Amazonでみる
イギリス大聖堂・歴史の旅 (丸善ブックス)
人里離れた聖堂
英国ロマネスク建築巡礼西の道
岩部定男 編 5600 2006.06.08
形文社
英国ロマネスク建築巡礼の続編。
英国ロマネスク建築巡礼
写真紀行
岩部定男 編 4000 2000.07.19
形文社
イタリア十六世紀の建築 コーリン・ロウ / レオン・ザトコウスキ 著
稲川直樹 訳
4800 2006.01.25
六耀社
ブラマンテやジュリオ・ロマーノ等々,わくわくしながら読めた。
この時代の建築は個人的にかなり惹かれる。もちろん信仰的な部分とは直接は繋がらないのだけれど。
Amazonでみる
イタリア十六世紀の建築
SD選書114
西欧の芸術1
ロマネスク 上
アンリ・フォション 著
神沢栄三/加藤邦男/長谷川太郎/高田勇 訳
1800 1976.11.30
鹿島出版会
これに限らずSD選書は図版が小さすぎるのがつらい。 ロマネスク 上 (1) (SD選書 114 西欧の芸術 1)
Amazonでみる
SD選書115
西欧の芸術1
ロマネスク 下
アンリ・フォション 著
神沢栄三/加藤邦男/長谷川太郎/高田勇 訳
1800 1976.11.30
鹿島出版会
ロマネスク 下    SD選書 115 西欧の芸術 1
Amazonでみる
SD選書116
西欧の芸術2
ゴシック 上
アンリ・フォション 著
神沢栄三/加藤邦男/長谷川太郎/高田勇 訳 
1,800 1976.12.20
鹿島出版会
ゴシック 上 (1) (SD選書 116 西欧の芸術 2)
Amazonでみる
SD選書117
西欧の芸術2
ゴシック 下
アンリ・フォション 著
神沢栄三/加藤邦男/長谷川太郎/高田勇 訳 
1,800 1976.12.20
鹿島出版会
ゴシック 下    SD選書 117 西欧の芸術 2
Amazonでみる
至福千年 アンリ・フォション 著
神沢栄三 訳
1,200  1971.06.05
みすず書房
至福千年
Amazonでみる
中世の図像大系1
ロマネスクの図像学 上
エミール・マール 著
田中仁彦/池田健二/磯見辰典/成瀬駒男/細田直孝 訳
4,660 1996.11.20
国書刊行会
名著! Amazonでみる
ロマネスクの図像学〈上〉 (中世の図像体系)
中世の図像大系2
ロマネスクの図像学 下
エミール・マール 著
田中仁彦/池田健二/磯見辰典/成瀬駒男/細田直孝 訳
4,660 1996.11.20
国書刊行会
名著! Amazonでみる
ロマネスクの図像学〈下〉 (中世の図像体系)
中世の図像大系3
ゴシックの図像学 上
エミール・マール 著
田中仁彦/池田健二/磯見辰典/細田直孝 訳
5,000  1998.03.16
国書刊行会
名著! Amazonでみる
ゴシックの図像学〈上〉 (中世の図像体系)
中世の図像大系4
ゴシックの図像学 下
エミール・マール 著
田中仁彦/池田健二/磯見辰典/細田直孝 訳
5,000  1998.03.16
国書刊行会
名著! Amazonでみる
ゴシックの図像学〈下〉 (中世の図像体系)
中世の図像大系5
中世末期の図像学 上
エミール・マール 著
田中仁彦/池田健二/磯見辰典/平岡忠/細田直孝 訳
6,000 2000.09.13
国書刊行会
名著! Amazonでみる
中世末期の図像学〈上〉 (中世の図像体系)
中世の図像大系6
中世末期の図像学 下
エミール・マール 著
田中仁彦/池田健二/磯見辰典/平岡忠/細田直孝 訳
6,000 2000.09.13
国書刊行会
名著! Amazonでみる
中世末期の図像学〈下〉 (中世の図像体系)
ヨーロッパのキリスト教美術
12世紀から18世紀まで 上
エミール・マール 著
柳宗玄/荒木成子訳
560 1995.11.16
岩波書店
上記中世の図像大系のダイジェスト版。
手っ取り早く,という場合はこちら。
Amazonでみる
ヨーロッパのキリスト教美術―12世紀から18世紀まで (上) (岩波文庫)
ヨーロッパのキリスト教美術
12世紀から18世紀まで 下
エミール・マール 著
柳宗玄/荒木成子訳
600 1995.11.16
岩波書店
Amazonでみる
ヨーロッパのキリスト教美術―12世紀から18世紀まで (下) (岩波文庫)
文明研究所シリーズ8
教会堂の成立
キリスト教世界の
歴史的記念碑序説
尚樹啓太郎 (1,000) 絶版 1968.01.25
東海大学出版
現存する最古の教会遺跡とされるデュラ・エウロポスに言及がある。  教会堂の成立―キリスト教世界の歴史的記念碑序説 (1968年)
Amazonでみる
カテドラルのある風景 尚樹啓太郎 2,500 1982.10.28
東海大学出版
カテドラルのある風景 (1982年)
Amazonでみる
コンスタンティノープルを歩く 尚樹啓太郎 2,800 1988.07.30
東海大学出版
コンスタンティノープルを歩く
Amazonでみる
講談社現代新書1120
中世の聖なる空間を読む
大聖堂のコスモロジー
馬杉宗夫 600 1992.10.20
講談社
Amazonでみる
大聖堂のコスモロジー―中世の聖なる空間を読む (講談社現代新書)
シャルトル大聖堂
ゴシック美術への誘い
馬杉宗夫 3,600 2000.06.30
八坂書房
Amazonでみる
シャルトル大聖堂―ゴシック美術への誘い
ロマネスクの美術 馬杉宗夫 3,800 2001.02.26
八坂書房
Amazonでみる
ロマネスクの美術
パリのノートルダム 馬杉宗夫 3,600 2001.02.26
八坂書房
Amazonでみる
パリのノートル・ダム
ゴシック美術
サン・ドニからの旅立ち
馬杉宗夫 3,800 2003.10.17
八坂書房

Amazonでみる
ゴシック美術―サン・ドニからの旅立ち
ヨーロッパの中世 ジョルジュ・デュビィ 著
池田健二/杉崎秦一郎 訳
6,100 1995.04.25
藤原書店
Amazonでみる
ヨーロッパの中世―芸術と社会
ロマネスク芸術の時代 ジョルジュ・デュビィ 著
小佐井伸二 訳
3,800 2000.05.20
白水社
Amazonでみる
ロマネスク芸術の時代
世界歴史の旅
フランス・ロマネスク
饗庭孝男 2,800 1999.05.15
山川出版社
Amazonでみる
フランス・ロマネスク (世界歴史の旅)
ヨーロッパ古寺巡礼 饗庭孝男 2,718 1995.05.20
新潮社
Amazonでみる
ヨーロッパ古寺巡礼
サン・ピエトロが立つかぎり
私のローマ案内
石鍋真澄 2,500 1991.04.01
吉川弘文館
サン・ピエトロ地下にあるペテロの墓について図入で言及している。 Amazonでみる
サン・ピエトロが立つかぎり―私のローマ案内
サン・ピエトロ大聖堂 石鍋真澄 2,800 2000.12.10
吉川弘文館
Amazonでみる
サン・ピエトロ大聖堂
ありがとうジョット
イタリア美術への旅
石鍋真澄 4,175 1994.05.10
吉川弘文館
Amazonでみる
ありがとうジョット―イタリア美術への旅
ちくま新書138
ローマ
イメージの中の「永遠の都」
長尾重武 660 1997.12.20
筑摩書房
Amazonでみる
ローマ―イメージの中の「永遠の都」 (ちくま新書)
建築巡礼26
ローマ
バロックの劇場都市
長尾重武 2,300 1995.07.31
丸善
Amazonでみる
ローマ―バロックの劇場都市 (建築巡礼)
建築巡礼1
荒野と開拓者
フロンティアとアメリカ建築
香山壽夫[†] 2,300 1988.04.30
丸善
Amazonでみる
荒野と開拓者―フロンティアとアメリカ建築 (建築巡礼)
建築巡礼42
イタリアの初期キリスト教聖堂
静かなる空間の動き
香山壽夫[†]/香山玲子 2,600 1999.06.30
丸善

Amazonでみる
イタリアの初期キリスト教聖堂―静かなる空間の輝き (建築巡礼)
建築行脚4
きらめく東方
サン・ヴィターレ聖堂
磯崎新/篠山紀信/越宏一 (9,800) 絶版 1988.12.26
六耀社
磯崎新+篠山紀信 建築行脚 (4)
Amazonでみる
建築行脚5
中世の光と石
ル・トロネ修道院
磯崎新/篠山紀信/三宅理一 (7,800) 絶版 1980.06.10
六耀社
磯崎新+篠山紀信 建築行脚 (5)
Amazonでみる
建築行脚6
凍れる音楽
シャルトル大聖堂
磯崎新/篠山紀信/前川道郎[†] 9,800 1983.08.25
六耀社
凍れる音楽  磯崎新+篠山紀信 建築行脚シリーズ 6
Amazonでみる
建築行脚7
メディチ家の華
サン・ロレンツォ聖堂
磯崎新/篠山紀信/長尾重武 9,800 1992.02.12
六耀社
メディチ家の華 サン・ロレンツォ聖堂
Amazonでみる
建築行脚9
バロックの真珠
サン・カルロ・アッレ・クァトロ・フォンターネ聖堂
磯崎新/篠山紀信/横山正 (9,800) 絶版 1983.05.10
六耀社
磯崎新+篠山紀信 建築行脚 (9)
Amazonでみる
磯崎新の建築談義#04
サン・ヴィターレ聖堂[ビサンティン]
磯崎新 著
篠山紀信 写真
五十嵐太郎 編集協力
3,800 2004.10.25
六耀社

Amazonでみる
サン・ヴィターレ聖堂 ビザンティン (磯崎新の建築談議)
磯崎新の建築談義#05
ル・トロネ修道院[ロマネスク]
磯崎新 著
篠山紀信 写真
五十嵐太郎 編集協力
3,800 2004.01.25
六耀社

ル・トロネ修道院“ロマネスク” (磯崎新の建築談議)
Amazonでみる
磯崎新の建築談義#06
シャルトル大聖堂[ゴシック]
磯崎新 著
篠山紀信 写真
五十嵐太郎 編集協力
3,800 2002.03.25
六耀社
Amazonでみる
シャルトル大聖堂(ゴシック) (磯崎新の建築談義)
磯崎新の建築談義#07
サン・ロレンツォ聖堂[15世紀]
磯崎新 著
篠山紀信 写真
五十嵐太郎 編集協力
3,800 2003.06.25
六耀社
Amazonでみる
サン・ロレンツォ聖堂 15世紀 (磯崎新の建築談議)
磯崎新の建築談義#09
サン・カルロ・アッレ・クァトロ・フォンターネ聖堂[17世紀]
磯崎新 著
篠山紀信 写真
五十嵐太郎 編集協力
3,800 2003.01.25
六耀社
Amazonでみる
サン・カルロ・アッレ・クァトロ・フォンターネ聖堂 17世紀 (磯崎新の建築談議)
イタリア古寺巡礼 和辻哲郎 600 1991.09.17
岩波書店
教会堂を寺と表記されるのはどうも嬉しくない。 Amazonでみる
イタリア古寺巡礼 (岩波文庫)
岩波 世界の美術
初期キリスト教美術・ビザンティン美術
ジョン・ラウンデン 著
益田朋幸 訳
4,400 2000.11.28
岩波書店
Amazonでみる
初期キリスト教美術・ビザンティン美術 (岩波 世界の美術)
フランスの大聖堂
-聖地巡礼,そして遺言書-
オーギュスト・ロダン[†]
新庄嘉章 訳
1,800 1989.03.31
東京創元社
お勧め! フランスの大聖堂―聖地巡礼、そして遺言書
Amazonでみる
イタリアの聖堂 松原久人 2,500 1972.03.01
美術出版
イタリアの聖堂 (1972年)
Amazonでみる
イギリスの大聖堂 志子田光雄/志子田富壽子 2,600 1999.07.15
晶文社
Amazonでみる
イギリスの大聖堂
写真紀行
ヨーロッパの教会物語
渡部雄吉 1,800 1997.08.25
グラフィック社
Amazonでみる
写真紀行 ヨーロッパ教会物語 (写真紀行)
講談社現代新書1487
ゴシックとは何か
大聖堂の精神史
酒井健 680 2000.01.20
講談社
Amazonでみる
ゴシックとは何か―大聖堂の精神史 (ちくま学芸文庫)
中世の祈りの造形
フランス・スペイン・
ポルトガル
山崎脩 2,575 1996.07.23
東方出版
中世 祈りの造形(かたち)―フランス・スペイン・ポルトガル
Amazonでみる
ローマの教会巡り 小畑紘一 2,427 1991.04.30
誠文堂新光社
ありそうでなかなかない,ローマの教会の詳細なガイド。  ローマの教会巡り
Amazonでみる
建築ガイド1
ローマ
RENZO SALVADORI 著
長尾重武 訳
1,700 1991.12.30
丸善
ローマ
Amazonでみる
スペイン・ロマネスクの道
グレゴリオ聖歌の世界
鈴木孝壽 2,800 1997.07.15
筑摩書房
Amazonでみる
スペイン・ロマネスクの道―グレゴリオ聖歌の世界
サン・ピエトロ
アウレリオ・アメンドラ写真集 
アウレリオ・アメンドラ 写真
ヴィルジーリオ・ノエ 序文
若桑みどり/ブルーノ・コンタルディ 解説
若桑みどり/新保淳乃 翻訳
8,600 1999.12.10
岩波書店
バロック宇宙が見事に写真の中に。 Amazonでみる
サン・ピエトロ―アウレリオ・アメンドラ写真集
週間朝日百科 世界の歴史別冊旅の歴史1
教会と寺院の見方

825 1991.03.30
朝日新聞社
カテドラル
最も美しい大聖堂のできあがるまで
デビッド・マコーレイ 著
飯田喜四郎 訳
1,300 1979.03.09
岩波書店
ジュニア向けだが,価値あり。
カテドラルの建築の状況が理解できる。
カテドラル―最も美しい大聖堂のできあがるまで
Amazonでみる
SD選書36
カテドラルを建てた人びと
ジャン・ジェンペル 著
飯田喜四郎 訳
1,800 1969.05.05
鹿島出版会
カテドラルを建てた人びと (SD選書 36)
Amazonでみる
SD選書27
イタリアの美術
A. ブラント 著
中森義宗 訳
1,500 1968.04.30
鹿島出版会
イタリアの美術
Amazonでみる
SD選書183
ゴシック建築の構造
ロバート・マーク 著
飯田喜四郎 訳
1,500 1983.11.05
鹿島出版会
ゴシック建築の構造
Amazonでみる
SD選書221
古典建築の失われた意味
J・ハーシー 著
白井秀和 訳
1,800 1993.10.10
鹿島出版会
すべてを鵜呑みにはできないと思うが,様式の持つ意味を考える参考に。 古典建築の失われた意味
Amazonでみる
世界宗教建築辞典 中川武 監修 13,000 2001.09.20
東京堂出版
世界の宗教建築の集大成。なんともすごい企画だと思う。建築はもとより各宗教の解説もある。
でもやっぱりむちゃかも。帯に短し,たすきに長し。
Amazonでみる
世界宗教建築事典
極彩色メキシコ巡礼 小野一郎 2,400 2001.02.05
晶文社
ウルトラバロックとは言い得て妙。とても感性はあわないが,これも教会堂。 Amazonでみる
極彩色メキシコ巡礼
宗教建築をめぐる文化誌 佐藤京子 1,500 1988.08.10
南洋堂出版
魅惑のローマ 小森谷賢二/平井広行 写真
小森谷慶子 文
2,903 1991.08.25
グラフィック社
たいてい書店の旅行コーナーに置いてある。しかし,単なる旅行案内と思えばさにあらず。解説文も写真も充実している。特 に,ベルニーニの作品の写真が豊富なのがありがたい。 魅惑のローマ
Amazonでみる
石と信仰とのたわむれ
ロマネスク芸術の魅力
フィリップ・ボーサン 著
小佐井伸二 訳
1,800 1987.08.20
白水社
よく考えるとふざけた書名だ。 石と信仰とのたわむれ―ロマネスク芸術の魅力
Amazonでみる
ルネサンス 経験の条件 岡崎乾二郎 4,900 2001.07.10
筑摩書房
巻頭に言及されるアンリ・マティスのロザリオ礼拝堂は一つの問題提起。 Amazonでみる
ルネサンス 経験の条件
SDライブラリー8
イタリア・ルネッサンスの建築
ピーター・マレー 著
長尾重武 訳
3,700 1991.01.03.10
鹿島出版会
イタリア・ルネッサンスの建築 (SDライブラリー)
Amazonでみる
バロックの幻惑
1630年のローマ
イヴ・ボヌフォワ 著
阿部良雄 監修
島崎ひとみ 訳
4,800 1998.08.24
国書刊行会
Amazonでみる
バロックの幻惑―1630年のローマ
バロック・コレクション3
天使の饗宴
ドミニク・フェルナンデス 著
岩崎力 訳
3,900 1988.09.05
筑摩書房
天使の饗宴―バロックのヨーロッパ、ローマからプラハまで
Amazonでみる
バロックの光と闇 高階秀爾 3,000 2001.12.20
小学館
Amazonでみる
バロックの光と闇
SDライブラリー16
18世紀の建築
バロックと新古典主義
J・サマーソン 著
堀内正昭 訳
3,400 1993.07.10
鹿島出版会
18世紀の建築―バロックと新古典主義 (SDライブラリー)
Amazonでみる
歩いてみつけた
イタリア都市のバロック感覚
陣内秀信 1,900 2000.12.10
小学館
Amazonでみる
歩いてみつけたイタリア都市のバロック感覚 (アートセレクション)
聖書を旅する6
美術工芸と聖書
犬養道子[†] 3,500 1999.05.15
中央公論新社
ぎすぎすした文が鼻につく…。 Amazonでみる
聖書を旅する〈6〉美術工芸と聖書
中世の教会建築
Building the Medival Cthedrals
Percy Watson 1,900 1989.12.25
英宝社
英文。英語の教材用の本。
まぼろしのロルシュ
ヨーロッパ建築探訪
海津忠雄 2,000 1983.04.20
日本基督教団出版局
まぼろしのロルシュ―ヨーロッパ建築探訪 (1983年)
Amazonでみる
ローマ夢幻巡礼 松本徹 2,200 1998.05.20
小沢書店
Amazonでみる
ローマ夢幻巡礼
ローマ百景
建築と美術と文学と
マリオ・プラーツ 著
白崎容子/上村清雄/伊藤博明 訳
2,800 1999.07.25
ありな書房
Amazonでみる
ローマ百景―建築と美術と文学と
世界の都市の物語5
ローマ
弓削達 1,942 1992.05.20
文芸春秋
ローマ
Amazonでみる
世界の都市の物語13
フィレンツェ
若桑みどり 2,233 1994.10.25
文芸春秋
フィレンツェ
Amazonでみる
ゴシック建築とスコラ哲学 アーウィン・パノフスキー 著
前川道郎[†]
1,000 2001.09.10
筑摩書房
Amazonでみる
ゴシック建築とスコラ学 (ちくま学芸文庫)
ゴシック建築の設計術
-ロリツァーとシュムッテルマイアの技法書-
ロン・R・シェルビー 著
前川道郎[†]/谷川康信 訳
7,000 1990.05.20
中央公論美術出版
ゴシック建築の設計術―ロリツァーとシュムッテルマイアの技法
Amazonでみる
ゴシックの芸術
-大聖堂の形と空間-
ハンス・ヤンツェン 著
前川道郎[†]
9,000 1999.06.01
中央公論美術出版
Amazonでみる
ゴシックの芸術―大聖堂の形と空間
ゴシックの大聖堂 O・フォン・ジムソン 著
前川道郎[†]
4,200 1985.06.20
みすず書房
ゴシックの大聖堂―ゴシック建築の起源と中世の秩序概念
Amazonでみる
ゴシック建築のリブ・ヴォールト 飯田喜四郎 16,480 1989.02.25
中央公論美術出版
ゴシック建築のリブ・ヴォールト
Amazonでみる
ゴシック美術形式論 ウィルヘルム・ヴォーリンガー 著
中野勇 訳
4,500 1968.07.20
岩崎美術社
ゴシック美術形式論 (美術名著選書 7)
Amazonでみる
住まい学大系048
シェーカーへの旅
祈りが生んだ生活とデザイン
藤門弘 2,330 1992.08.10
住まいの図書館出版局
シェーカーへの旅―祈りが生んだ生活とデザイン
Amazonでみる
世界史リブレット77
バロック美術の成立
宮下規久朗 729 2003.10.25
山川出版社
ベルニーニのサンタンドレア・アル・クィリナーレ聖堂の空間に関する詳しい記述がある。薄い本だが内容充実。 Amazonでみる
バロック美術の成立 (世界史リブレット)
文庫クセジュ836
中世の芸術
グザヴィエ・バラル・イ・アルテ 著
西田雅嗣 著
951 2001.02.25
白水社
建築に関する記述が主体。 Amazonでみる
中世の芸術 (文庫クセジュ)
岩波セミナーブックス82
ヨーロッパ中世美術講義
越宏一
3,200
2001.11.28
岩波書店

Amazonでみる
ヨーロッパ中世美術講義 (岩波セミナーブックス)
ドームの不思議
コンクリート造・組積造編
槇谷榮次
1,800
2007.02.20
鹿島出版会
ドーム構造の解説
Amazonでみる
ドームの不思議 コンクリート造・組積造編
建築と都市の美学
イタリアII 神聖
初期キリスト教・ビザンティン・ロマネスク
陣内秀信 監修
喜多章 写真
大槻武志 編著
1,900 2000.12.15
建築資料研究社
Amazonでみる
建築と都市の美学 イタリア〈2〉神聖―初期キリスト教・ビザンティン・ロマネスク (コンフォルトギャラリィ)
建築と都市の美学
イタリアIII 優美
ロマネスク・ゴシック
陣内秀信 監修
喜多章 写真
大槻武志 編著
1,900 2000.12.30
建築資料研究社
Amazonでみる
建築と都市の美学 イタリア〈3〉優美―ロマネスク・ゴシック (コンフォルトギャラリィ)
建築と都市の美学
イタリアV 奇想
マニエリスム[後期バロック]
内秀信 監修
喜多章 写真
大槻武志 編著
1,900 2001.02.10
建築資料研究社
Amazonでみる
建築と都市の美学 イタリア〈5〉奇想―マニエリスム(後期ルネッサンス) (コンフォルトギャラリィ)
建築巡礼7
劇的な空間
栄光のイタリア・バロック
湯澤正信 2,300 1993.05.30
丸善
Amazonでみる
劇的な空間―栄光のイタリア・バロック (建築巡礼)
建築巡礼13
ウィーンの都市と建築
様式の回廊を辿る
川向正人 2,300 1990.04.30
丸善
ウィーンの都市と建築―様式の回路を辿る
Amazonでみる
建築巡礼17
イスタンブール
日高健一郎/谷水潤 2,300 1990.08.31
丸善
イスタンブール (建築巡礼)
Amazonでみる
建築巡礼19
ロシアビザンチン
黄金の環を訪ねて
内井昭蔵[†] 2,300 1991.01.30
丸善
ロシアビザンチン―黄金の環を訪ねて
Amazonでみる
建築巡礼21
バルセロナ
地中海都市の存在証明
岸田省吾 2,300 1991.04.30
丸善
バルセロナ―地中海都市の存在証明
Amazonでみる
建築巡礼23
ストックホルムの建築
小川信子/外山義 2,300 1991.11.20
丸善
ストックホルムの建築 (建築巡礼)
Amazonでみる
建築巡礼46
ニューメキシコの建築
石と土と光の教会
ヨウ箱守/市原出 2,900 2000.06.30
丸善
Amazonでみる
ニューメキシコの建築―石と土と光の教会 (建築巡礼)
SD8604
バロック建築
ローマからウィーン,南ドイツへの展開
2,200 1986.04.01
鹿島出版会
  
SD9502
南イタリアのバロック建築
シチリア・バロックとレッチェ・バロックの魅力
1,893 1995.02.01
鹿島出版会
SD9610
中世の光と空間:
フランス中南部のロマネスク建築
1,893 1996.10.01
鹿島出版会
  
SD0007
ツール・ド・ロマネスク
中世の光と空間II:フランス建築巡礼
1,905 2000.07.01
鹿島出版会
芸術新潮2002年8月号
フランスの歓び
美術でめぐる,とっておきの旅ガイド
1,857 2002.08.01
新潮社
  
イタリアの歓び
美の巡礼 北部編
中村好文/芸術新潮編集部編 1,300 2003.02.25
新潮社
芸術新潮2001年8月号の再編集版。 Amazonでみる
イタリアの歓び―美の巡礼 北部編 (とんぼの本)
イタリアの歓び
美の巡礼 中南部編
青柳正規/中村好文/芸術新潮編集部編 1,300 2003.10.25
新潮社
芸術新潮2001年8月号の再編集版。 Amazonでみる
イタリアの歓び―美の巡礼 中南部編 (とんぼの本)
芸術新潮2007年4月号
イギリス古寺巡礼
中世の美をたずねる旅
1,429 2007.04.01
新潮社
   Amazonでみる
芸術新潮 2007年 04月号 [雑誌]
芸術新潮2008年12月号
ノルウェーの森へ
中世の美とオーロラの旅
1,400 2008.12.01
新潮社
   Amazonでみる
芸術新潮 2008年 12月号 [雑誌]
図説
大聖堂物語
ゴシックの建築と美術
佐藤達生/木俣元一 1,800 2000.07.21
河出書房新社
Amazonでみる
図説 大聖堂物語―ゴシックの建築と美術 (ふくろうの本)
図説
ロマネスクの教会堂
辻本敬子/ダーリング益代 1,800 2003.01.30
河出書房新社
Amazonでみる
図説 ロマネスクの教会堂 (ふくろうの本)
図説
西洋建築の歴史
美と空間の系譜
佐藤達生
1,800 2005.08.31
河出書房新社

Amazonでみる
4309760694
西洋美術研究 No.6
特集:イコノクラスム
2,900 2001.10.10
三元社
西洋美術研究〈No.6〉特集 イコノクラスム
Amazonでみる
フィレンツェ・ルネサンス1
夜明け
ジョットと自由な意志
佐々木英也 監修
森田義之 責任編集
谷尾襄 構成
2,718 1991.07.20
日本放送出版協会
   NHKフィレンツェ・ルネサンス (1)
Amazonでみる
フィレンツェ・ルネサンス2
美と人間の革新
ブルネレスキ ドナテッロ マザッチオ
佐々木英也 監修
森田義之/日高健一郎 責任編集
谷尾襄 構成
2,718 1991.08.30
日本放送出版協会
美と人間の革新 ブルネレスキ、ドナテッロ、マザッチオ (NHK フィレンツェ・ルネサンス)
Amazonでみる
フィレンツェ・ルネサンス3
百花繚乱の画家たち
フラ・アンジェリコ フィリッポ・リッピ ウッチェロ
佐々木英也 監修
森田義之 責任編集
谷尾襄 構成
2,718 1991.06.20
日本放送出版協会
百花繚乱の画家たち フラ・アンジェリコ、フィリッポ・リッピ、ウッチェロ (NHKフィレンツェ・ルネサンス)
Amazonでみる
フィレンツェ・ルネサンス4
再生への賛歌
ボッティチェルリ ギルランダイオ フィリピーノ・リッピ
佐々木英也 監修
森田義之 責任編集
谷尾襄 構成
2,718 1991.03.30
日本放送出版協会
再生への讃歌 ボッティチェリ・ギルランダイオ・フィリッピーノ・リッピ (NHKフィレンツェ・ルネサンス)
Amazonでみる
フィレンツェ・ルネサンス5
三巨匠
レオナルド・ダ・ヴィンチ ミケランジェロ ラファエッロ
佐々木英也 監修
森田義之 責任編集
谷尾襄 構成
2,718 1991.04.30
日本放送出版協会
三巨匠 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエッロ (NHK フィレンツェ・ルネサンス)
Amazonでみる
フィレンツェ・ルネサンス6
花の都の落日
マニエリスムの時代
佐々木英也 監修
森田義之/日高健一郎 責任編集
谷尾襄 構成
2,718 1991.10.10
日本放送出版協会
花の都の落日 マニエリスムの時代 (NHK フィレンツェ・ルネサンス)
Amazonでみる
スペインの大聖堂 菅井日人 2,903 1992.06.25
グラフィック社
スペインの大聖堂
Amazonでみる
祈りの大聖堂シャルトル 小川国夫 文
菅井日人 写真
(2,000)絶版 1986.11.04
講談社
祈りの大聖堂シャルトル
Amazonでみる
ゴシックの大聖堂
ある精神の遍歴
山田圭一
2500
2006.05.25
クレオ

Amazonでみる
ゴシックの大聖堂 ある精神の遍歴
キリスト教美術の源流を訪ねて1
イタリア編
名取四郎[†] 1800 2006.10.20
教文館
Amazonでみる
キリスト教美術の源流を訪ねて (1) イタリア編
キリスト教美術の源流を訪ねて2
地中海都市編
名取四郎[†] 1600 2006.10.20
教文館
Amazonでみる
476426417X
ビルディングタイプの解剖学 五十嵐太郎 / 大川信行 1,900 2002.12.15
王国社
おもしろい。…おもしろいのだけれど薄氷を踏むような読書感。
「第1章 教育 / 教会」でアーミッシュ,シェーカーに言及し,日本でのステレオタイプな教会建築観から離れる試みではじまりながら,続く項で「教会は神の住居であると同時に…(p42)」「…完全に世俗化しているかどうか,その標しが,祭壇の有無となろう。…(p130)」といった先祖返りな定義付けで話が展開し,がっくり。
ビルディングタイプの解剖学
Amazonでみる
木瓦と葱ぼうず
ロシア・ノルウェー・フィンランドの木造建築
INAX BOOKLET Vol.11 No.1
1200 1992.01.06
INAX
北欧の木造教会建築。 木瓦と葱ぼうず
Amazonでみる
 
ゴシック・リヴァイバル



INDEX
ゴシック・リヴァイヴァル ケネス・クラーク著
近藤存志[†]
3400
2005.09.30
白水社
教会建築に最も相応しい様式を求めるという,このムーブメントの側面はひどく虚しく映る。ひどくヒステリックな印象だが,この時代の信仰的敬虔さとはいったいどこを向いていたのか。
このケネス・クラークの著作とマイケル・ルーイスとクリス・ブルックスの著作のタイトルがそろって「The Gothic Revival」なのが興味深い。そのものズバリで付けたくなるような堅強さをもっていたということか。
Amazonでみる
ゴシック・リヴァイヴァル
ゴシック・リバイバル マイケル・ルーイス著
栗野修司訳
2600
2004.08.10
英宝社
これは意外に読みやすくおもしろかった。教会建築についても多く言及されている。 Amazonでみる
ゴシック・リバイバル
岩波 世界の美術
ゴシック・リヴァイヴァル
クリス・ブルックス 著
鈴木博之/豊口真衣子 訳
4,800 2003.08.28
岩波書店
怪奇小説をゴシックの1ジャンルと考えるとすると(普通,一般にそうなのかもしれないが),この様式を教会はどう評価すべ きだろうか。 Amazonでみる
ゴシック・リヴァイヴァル (岩波 世界の美術)
建築の七燈 ジョン・ラスキン[†]
杉山真紀子 訳
2,800 1997.10.10
鹿島出版会
19世紀の名著。ストレートに信仰と建築の関わりが述べらている。 Amazonでみる
建築の七灯
 
世界遺産



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
週間世界遺産 No.1
ローマの歴史地区1
181 2004.07.20
講談社
週間世界遺産 No.2
ヴェベツィアとその潟
533 2004.07.27
講談社
週間世界遺産 No.3
アテネのアクロポリス
533 2004.08.03
講談社
週間世界遺産 No.4
パリのセーヌ河岸1
533 2004.08.10
講談社
週間世界遺産 No.5
ヴァティカン市国
533 2004.08.17
講談社
週間世界遺産 No.6
ウェストミンスター宮殿
533 2004.08.31 
講談社
週間世界遺産 No.7
フィレンツェの歴史地区
533 2004.09.07 
講談社
週間世界遺産 No.9
モン・サン・ミシェルとその湾
533 2004.09.21 
講談社
週間世界遺産 No.10
グラナダのアルハンブラ宮殿 コルドバの歴史地区
533 2004.09.28
講談社
週間世界遺産 No.11
パリのセーヌ河岸2
533 2004.10.05
講談社
週間世界遺産 No.14
シエナの歴史地区 ピサのドゥオーモ広場
533 2004.10.26
講談社
週間世界遺産 No.15
イスタンブールの歴史地区
533 2004.11.02
講談社
週間世界遺産 No.16
トレドの旧市街
533 2004.11.09
講談社
週間世界遺産 No.17
フォンテンブロー宮殿と庭園 ロワール渓谷
533 2004.11.16
講談社
「シャルトルの大聖堂」の項あり。
週間世界遺産 No.19
プラハの歴史地区
533 2004.11.30
講談社
週間世界遺産 No.21
ナポリの歴史地区
533 2004.12.14
講談社
週間世界遺産 No.23
エルサレムの旧市街とその城壁
533 2004.12.28
講談社
週間世界遺産 No.25
ブダペストのドナウ河岸とブダ城
533 2005.01.18
講談社
週間世界遺産 No.27
バルセロナのグエル公園,グエル邸,カサミラ
533 2005.02.01
講談社
週間世界遺産 No.30
アヴィニョンの歴史地区
533 2005.02.22
講談社
週間世界遺産 No.33
ラヴェンナの初期キリスト教建造物群
533 2005.03.15
講談社
週間世界遺産 No.41
リヨンの歴史地区
533 2005.05.17
講談社
週間世界遺産 No.43
リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔
533 2005.05.31
講談社
週間世界遺産 No.44
ストラスブールの旧市街 ヴェズレーの聖堂と丘
533 2005.06.07
講談社
週間世界遺産 No.45
ミラノのドミニコ会修道院と「最後の晩餐」
533 2005.06.14
講談社
週間世界遺産 No.51
エリ・エスコリアールの修道院・旧王宮
533 2005.07.26
講談社
週間世界遺産 No.58
サンクト・ペテルブルクと周辺の歴史地区
533 2005.09.20
講談社
週間世界遺産 No.60
リガの歴史地区 タリンの歴史地区 ビリニュスの歴史地区
533 2005.10.04
講談社
週間世界遺産 No.63
メキシコ・シティの歴史地区とソチミルコ
533 2005.10.25
講談社
週間世界遺産 No.65
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
533 2005.11.08
講談社
週間世界遺産 No.67
ヴェルツブルクの司教館
533 2005.11.22
講談社
週間世界遺産 No.68
サラマンカの旧市街
533 2005.11.29
講談社
週間世界遺産 No.69
メテオラの修道院群 聖山アトス
533 2005.12.06
講談社
週間世界遺産 No.73
グアナフアトの歴史地区と鉱山
533 2006.01.03
講談社
週間世界遺産 No.75
ケルンの大聖堂
533 2006.01.24
講談社
週間世界遺産 No.77
ポルトの歴史地区
533 2006.02.07
講談社
週間世界遺産 No.78
バレッタの市街
533 2006.02.14
講談社
週間世界遺産 No.82
アミアンの大聖堂
533 2006.03.14
講談社
週間世界遺産 No.89
クラシカル・ワイマール ヒルデスハイムの大聖堂と聖ミヒャエル聖堂
533 2006.05.02
講談社
週間世界遺産 No.92
サント・ドミンゴの植民地都市
533 2006.05.30
講談社
週間世界遺産 No.95
ドゥブロヴニクの旧市街
533 2006.06.20
講談社
週間世界遺産 No.97
アッシジのサン・フランチェスコ聖堂と関連建造物群 ヴェローナの市街
533 2006.07.04
講談社
 
現代の教会建築 建築家



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
建築雑誌 2009年2月号
特集 宗教建築は終わったのか
1,300 2009.02.20
日本建築学会
p4「…現代の宗教建築の状況と可能性を問う。」とあるけど,何の可能性なんだろうか? 建築が信仰的役割を担えるかという事だったら意味があるのだろうけれど,建築シーンにとかだったら主客転倒な問題提起に思える。
クリスチャンの建築家・香山壽夫氏の文中p8「…伝統によって支えられていなければ宗教とは言えない。」はキリスト信仰とは相容れないと視点だと思う。
FINE ROAD
世界のモダンな教会堂をたずねて
西村晴道[†] 2,800 2008.05.06
イーグレープ
和書では貴重な現代の海外教会建築の写真集。教会建築の新しい形を探るヒントに。
写真の画質が今ひとつなのが惜しい。
現代教会建築の魅力
人はどう教会を建てるか
近藤存志[†] 2,800 2008.01.15
教文館
紹介されている建築は魅力的。本の内容自体は多々疑問を感じる。説得力がないのは19世紀の建築家の建築論をベースにしているからかもしれない。一読の価値はまぁある。 現代教会建築の魅力―人はどう教会を建てるか
Amazonでみる
巨きな木の船
The Great Wooden Ark
聖イグナチオ教会[†] 非売品 1992.11.01
聖イグナチオ教会 
古い方の教会堂。現存しない。
聖パトリック大聖堂
-100年史-
リランド・クック 著
山内継祐 監修
\3,800 1990.01.10
クイックフォックス社
世界平和記念聖堂
広島にみる村野藤吾の建築
石丸紀興 \2,000 1988.08.15
相模書房
世界平和記念聖堂―広島にみる村野藤吾の建築
Amazonでみる
建築巡礼12
ル・コルビュジエ
幾何学と人間の尺度
富永譲 \2,300 1989.06.30
丸善
ル・コルビュジエ―幾何学と人間の尺度 (建築巡礼)
Amazonでみる
建築巡礼18
アールトとフィンランド
北の風土と近代建築
伊藤大介 \2,300 1990.09.30
丸善 
アールトとフィンランド―北の風土と近代建築
Amazonでみる
アスプルンドの建築
北欧近代建築の黎明
スチュアート・レーデ 著
樋口清/武藤明 訳
\2,900 1982.02.05
鹿島出版会
森の礼拝堂。学生時代からのあこがれの建築。  アスプルンドの建築―北欧近代建築の黎明
Amazonでみる
北欧スタイル No.5

\1200 2004.09.10
えい出版社
「フィンランドの教会建築をめぐる旅」第1回掲載。
表紙の言葉 -あまりに美しい教会建築-。確かに。
もっとページを!
Amazonでみる
北欧スタイル (No.5(2004summer)) (エイムック (915))
北欧スタイル No.6

1200 2005.05.10
えい出版社
「フィンランドの教会建築をめぐる旅」第2回 Amazonでみる
北欧スタイル (No.6(2005spring)) (エイムック (1022))
北欧スタイル No.7
1200 2005.09.10
えい出版社
「フィンランドの教会建築をめぐる旅」第3回 Amazonでみる
北欧スタイル (No.7) (エイムック)
北欧スタイル No.10
1200 2006.04.30
えい出版社
「フィンランドの教会建築をめぐる旅」第4回 Amazonでみる
北欧スタイルNo.10 (エイムック (1181))
GAグローバル・アーキテクチュア No.16
<アルヴァ・アアルト>
イマトラの教会1957-59/セイナヨキ・シティ・センター1958-
二川幸夫 企画・撮影
武藤章 文
1,500 1972.06.15
A.D.A. EDITA
GAグローバル・アーキテクチュア〈no.16〉アルヴァ・アアルト (1972年)
Amazonでみる
GAグローバル・アーキテクチュア No.20
<ポール・ルドルフ>
タスキギーの礼拝堂1960-1969/ボストン市庁舎1962-1971
二川幸夫 企画・撮影
カール・ブラック,Jr. 文
1,500 1973.02.15
A.D.A. EDITA
GAグローバル・アーキテクチュア〈no.20〉ポール・ルドルフ (1973年)
Amazonでみる
GAグローバル・アーキテクチュア No.61
<ヨーン・ウツソン>
バウスヴェアーの礼拝堂 1973-76
二川幸夫 企画・撮影
クリスチャン・ノルベルグ=シュルツ 文
2,400 1981.10.25
A.D.A. EDITA
GAグローバル・アーキテクチュア〈no.61〉ヨーン・ウツソン (1981年)
Amazonでみる
GAグローバル・アーキテクチュア No.62
<エリック・グンナアル・アスプルンド>
森の火葬場 1935-40/森の礼拝堂1918-20/ストックホルム公立図書館1920-28
二川幸夫 企画・撮影
スチュアート・リード 文
2,400 1982.01.22
A.D.A. EDITA
エリック・グンナアル・アスプルンド―森の火葬場1935-40 (GAグローバル・アーキテクチュア (No.62))
Amazonでみる
児島明雄写真集
日本の教会堂
その建築美と表情
児島明雄 15,534 1992.09.15
日本基督教団出版局
日本の教会堂 その建築美と表情―児島昭雄写真集
Amazonでみる
児島明雄写真集
霊南坂教会  
児島明雄 4,200 1984.03.10
教文館 
東京駅を設計した建築家・辰野金吾による設計。現存せず。 霊南坂教会―児島昭雄写真集 (1984年)
Amazonでみる
信濃町教会会堂
1930-2003
編集信濃町教会会堂建設委員会[†]編集
堀内浩治 写真
2,000 2003.12.25
日本基督教団 信濃町教会 1930-2003
取り壊しとなった岡田信一郎設計の教会堂。
岡田信一郎はニコライ堂の設計者。
サレジオ
北田英治写真集
北田英治 3,500 1996.07.20
TOTO出版
坂倉建築研究所設計の東京サレジオ学園の写真集
Amazonでみる
サレジオ―東京サレジオ学園 育英学院サレジオ小・中学校 聖高原サレジオの家 北田英治写真集
 
哲学 芸術論 建築論



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
現代建築 ミッシェル・ラゴン 著
高階秀爾 訳
1000 1960.10.10
紀伊国屋書店
現代の目で見ると古色蒼然とした内容。
第十章に「二十世紀の教会と宗教建築の問題」という項がある。
参考程度に。
聖と俗
宗教的なるものの本質について
ミルチャ・エリアーデ 著
風間敏夫 訳
900 1969.10.20
法政大学出版局
Amazonでみる
4588000144
エリアーデ著作集 第三巻
聖なる空間と時間
宗教学概論3
ミルチャ・エリアーデ 著
久米博 訳
2,500 1974.10.25
せりか書房
宗教学概論はエリアーデ著作集第一集「太陽と天空神」,第二集「豊饒と再生」と併せ三冊から成る。 エリアーデ著作集 3 (3)
Amazonでみる
エリアーデ著作集 第十三巻
宗教学と芸術
ミルチャ・エリアーデ 著
中村恭子 編訳
2,500 1975.11.01
せりか書房
エリアーデ著作集 13 (13)
Amazonでみる
建築という形式 I 磯崎新 2,500 1991.08.01
新建築社
東京キリスト教学園チャペル設計時の話「神の言葉とその場所」の項注目。 「建築」という形式〈1〉
Amazonでみる
人体の影
アントロポモルフィスム
磯崎新 3,600 2000.10.25
鹿島出版会
建築行脚シリーズの再録(サン・ロレンツォ聖堂)。 人体の影―アントロポモルフィスム
Amazonでみる
神の似姿
テオモルフィスム
磯崎新 4,600 2001.10.15
鹿島出版会
建築行脚シリーズの再録(サン・ヴィターレ聖堂,ル・トロネ修道院,シャルトル大聖堂,サンカルロ・アッレ・クァトロ・ フォンターネ聖堂)。 神の似姿―テオモルフィスム
Amazonでみる
建築の世界
意味と場所
クリスチャン・ノルベルグ=シュルツ 著
前川道郎[†]/前田忠直 訳
8,700 1991.05.30
鹿島出版会
建築の世界―意味と場所
Amazonでみる
住まいのコンセプト クリスチャン・ノルベルグ=シュルツ 著
川向正人 訳
4,800 1988.09.30
鹿島出版会
住まいのコンセプト
Amazonでみる
SD選書78
実存・空間・建築
クリスチャン・ノルベルグ=シュルツ 著
加藤邦男 訳
1,800 1973.09.05
鹿島出版会
実存・空間・建築 (SD選書 78)
Amazonでみる
建築意匠講義 香山壽夫[†] 5,800 1996.11.25
東京大学出版会
設計者は必読。
やさしさあふれる文体が印象的。
Amazonでみる
建築意匠講義
建築家の仕事とはどういうものか 香山壽夫[†] 1,900 1999.11.25
王国社
必読!
「今日のキリスト教会堂について」の項あり。
Amazonでみる
建築家の仕事とはどういうものか
ルイス・カーンとはだれか 香山壽夫[†] 1,900 2003.10.25
王国社
Amazonでみる
ルイス・カーンとはだれか
人はなぜ建てるのか
香山壽夫[†] 1,900 2007.01.25
王国社
III「共同体の空間 宗教建築と公共性」の項がある。 Amazonでみる
人はなぜ建てるのか
ゴシックと建築空間 前川道郎[†] 2,800 1978.01.20
ナカニシヤ出版
ゴシックと建築空間 (1978年)
Amazonでみる
ゴシックということ 前川道郎[†] 4,000 1992.01.25
学芸出版社
ゴシックは避けて通っていたが,この本が突破口になった。 ゴシックということ
Amazonでみる
聖なる空間をめぐる
フランス中世の聖堂
前川道郎[†] 4,000 1998.07.25
学芸出版社
聖なる空間をめぐる―フランス中世の聖堂
Amazonでみる
教会建築論叢 前川道郎[†] 30,000 2002.06.20
中央公論美術出版
故前川道郎氏の教会建築に関する文献集。
前川氏の受洗にかかわる証文がある。
Amazonでみる
教会建築論叢
今日のキリスト教双書-24
都市の神学
高柳俊一[†] 1,600 1977.07.15
新教出版社
タイトル意味不明。読んでみても意味不明。都市の神学というのは,単にクリスチャンの行った都市論ってことか? 都市の神学 (1977年)
Amazonでみる
数寄屋の美学
待庵から金属の茶室へ
出江寛 2,800 1996.11.10
鹿島出版会
「基督教団西宮教会」の項がある。
割り切れない話ではある。
Amazonでみる
数寄屋の美学―待庵から金属の茶室へ
村野藤吾著作集
全一巻
村野藤吾[†] 15,000 1991.07.31
同朋社
「聖堂の建築」「宝塚カトリック教会」「西宮トラピスチヌ修道院」の項あり。
p876で故村野氏のカトリック受洗の状況が読める。1980年8月3日,昇天の4年前。享年93歳。
村野藤吾著作集
Amazonでみる
無窓 白井晟一 (2,800)
絶版
1979.10.30
筑摩書房
「ガゥディの聖堂」の項あり。 無窓 (1979年)
Amazonでみる
建築空間論
その美学的考察
上松佑二 3,200 1986.07.31
早稲田大学出版部
ブルネレスキのパッツィ礼拝堂のついての詳しい分析がある。 建築空間論―その美学的考察
Amazonでみる
健康な建築 内井昭蔵[†] 1,800 1985.01.10
彰国社
健康な建築―イマジネイティブな生活空間を求めて
Amazonでみる
装飾の復権
空間に人間性を
内井昭蔵[†] 2,600 2003.12.10
彰国社

Amazonでみる
装飾の復権―空間に人間性を
 
古典的建築家 芸術家 巨匠



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
ベルニーニ
バロック美術の巨星
石鍋真澄 3,950 1990.12.10
吉川弘文館 
バロックの巨匠! お勧め。  ベルニーニ―バロック美術の巨星
Amazonでみる
イタリアルネサンスの巨匠たち30・
バロックの誕生
ベルニーニ
マウリツィオ・ファジョーロ
アンジェラ・チプリアーニ 著
上村清雄 訳
1,942 1995.08.28
東京書籍
Amazonでみる
ベルニーニ (イタリア・ルネサンスの巨匠たち―バロックの誕生)
イタリアルネサンスの巨匠たち7・
新しい空間の創造者
ブルネレスキ
ジュヴァンニ・ファネッリ 著
児島由枝
1,942 1994.11.16
東京書籍
ブルネレスキ
Amazonでみる
ブルネッレスキ伝
-付 グラッソ物語-
アントニオ・マネッティ著
浅井朋子 訳
2,800 1989.11.15
中央公論美術出版
ブルネッレスキ伝
Amazonでみる
中公新書1201
建築家レオナルド・ダ・ヴィンチ
ルネッサンス期の理想都市像 
長尾重武 740 1994.08.15
中央公論社 
   建築家レオナルド・ダ・ヴィンチ―ルネッサンス期の理想都市像 (中公新書)
Amazonでみる
建築巡礼32
ピラネージの世界
岡田哲史 2,300 1993.10.30
丸善
ピラネージの数少ない実作,ローマのプリオラート聖堂の写真が嬉しい。現地では一般非公開。 ピラネージの世界 (建築巡礼)
Amazonでみる
ピラネージ建築論
対話
G.B.ピラネージ 著
横手義洋 訳
岡田哲史 校閲
1,400
2004.10.31
アセテート
プリオラート聖堂の写真あり。
ピラネージ建築論対話
Amazonでみる
SD選書218
ヴィオレ・ル・デュク
歴史再生のラショナリスト
羽生修二 1,800 1992.12.05
鹿島出版会
   ヴィオレ・ル・デュク―歴史再生のラショナリスト (SD選書)
Amazonでみる
SD選書170
ブルネッレスキ
ルネサンス建築の開花
G.C.アルガン 著
浅井朋子 訳
1,500  1981.09.05
鹿島出版会
   ブルネッレスキ―ルネサンス建築の開花 (SD選書 170)
Amazonでみる
SD選書217
ボッロミーニ
G.C.アルガン 著
長谷川正充 訳
1,800  1992.08.10
鹿島出版会
   ボッロミーニ (SD選書)
Amazonでみる
建築家アルベルティ
-クラシシズムの創始者-
相川浩 5,000 1988.05.25
中央公論美術出版
建築家アルベルティ―クラシシズムの創始者
Amazonでみる
アルベルティ
絵画論
レオン・バッティスタ・アルベルティ 著
三輪福松 訳
2,621 1992.10.25
中央公論美術出版
絵画論
Amazonでみる
アルベルティ
芸術論
レオン・バッティスタ・アルベルティ 著
森雅彦 編著
9,800 1992.09.25
中央公論美術出版
芸術論
Amazonでみる
パッラーデイオ
世界の建築家
福田晴虔 4,500 1979.08.10
鹿島出版会
芸術論
Amazonでみる
ベルトッティ・スカモッツィ
「アンドレア・パラーデイオの建築と図面」解説
桐敷真次郎 8,000 1998.05.25
本の友社
ベルトッティ・スカモッツィ『アンドレア・パラーディオの建築と図面』解説
Amazonでみる
建築巡礼6
ルネッサンスの黄昏
パラーディオ紀行
渡辺真弓 2,300 1998.10.31
丸善
ルネッサンスの黄昏―パラーディオ紀行 (建築巡礼)
Amazonでみる
建築試論 マルク=アントワーヌ・ロジェ[†]
三宅理一訳
5,800 1986.01.25
中央公論美術出版
18世紀のイエズス会の司祭による建築論。
 
ヴォーリズ



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
失敗者の自叙伝 一柳米来留[†] 1,400   1970.09.05
近江兄弟社・湖声社 
超教派ヴォーリズの自叙伝。期待以上の内容であった。その信仰大きさに胸打たれる。 
ここが世界の中心です
日本を愛した伝道者メレル・ヴォーリズ
国松俊英 1260 1998.12.22
PHP研究所
ヴォーリズの伝記。
ジュブナイルだが大人にも読み応えあり。「失敗者の自叙伝」が手に入らない場合はこちらを読んでも良いと思う。
自分の子供の為に買ってきたのだが、ちっとも読んでくれないの自分で読んでみた。
Amazonでみる
4569681425
近江の兄弟 吉田悦蔵[†] 500 1923.05.01
近江兄弟社 
ヴォーリズの教え子であり同志となった吉田悦蔵氏によるヴォーリズ伝。 
一粒社ヴォーリズ建築事務所 作品集  一粒社ヴォーリズ建築事務所 非売品  1983.06.01
一粒社ヴォーリズ建築事務所 
  
教会が見える風景
W.M.ヴォーリズの足跡 
荒川久治  1,600  1995.12.20
地域デザイン研究所 
   教会が見える風景―W.M.ヴォーリズの足跡
Amazonでみる
写真集
「日本人を超えたニホン人」メレル・ヴォーリズ
山田プランニング 編集  3,810  1998.02.02
びわ湖放送 
   ウィリアム・メレル・ヴォーリズ―写真集 日本人を越えたニホン人
Amazonでみる
青い目の近江商人 メレル・ヴォーリズ 岩原侑[†] 1,500  1997.12.24
文芸社 
なぜメンソレータムがメンタームと名を変えたのか分った。  Amazonでみる
青い目の近江商人メレル・ヴォーリズ―創業者精神「信仰と商売の両立の実践」を受け継いで
青い目の近江商人 ヴォーリズ外伝 岩原侑[†] 1,700  2002.03.15
文芸社 
あぁ…ヴォーリズが読んだら悲しむんじゃないんだろうか…この本。  Amazonでみる
青い目の近江商人ヴォーリズ外伝―「信仰と事業の両立」を果たした師ゆかりの地を歩いて
ヴォーリズ評伝
日本で隣人愛を実践したアメリカ人
奥村直彦[†] 3600  2005.08.01
港の人 
   ヴォーリズ評伝―日本で隣人愛を実践したアメリカ人
Amazonでみる
W・メレル・ヴォーリズ
近江に「神の国」を
奥村直彦[†] 450  1986.04.05
近江兄弟社湖声社 
  
住まい学大系/011
ヴォーリズの住宅
山形政昭  1,650  1988.03.20
住まいの図書館出版局 
   ヴォーリズの住宅―「伝道」されたアメリカンスタイル
Amazonでみる
ヴォーリズの建築
ミッション・ユートピアと都市の華 
山形政昭  2,330  1989.11.20
創元社 
   ヴォーリズの建築―ミッション・ユートピアと都市の華
Amazonでみる
ヴォーリズの西洋館
日本近代住宅の先駆 
山形政昭  2,000  2002.07.15
淡交社 
   Amazonでみる
ヴォーリズの西洋館―日本近代住宅の先駆
 
ガウディ



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
ガウディの設計態度 松倉保夫 2,500 1978.04.30
相模書房
ガウディの設計態度 (1978年)
Amazonでみる
ガウディの生涯 丹下敏明 1,800 1978.10.10
彰国社
SDライブラリー7
ガウディの七つの主張
鳥居徳敏 2,900 1990.12.05
鹿島出版会
ガウディの七つの主張 (SDライブラリー)
Amazonでみる
講談社現代新書820
不思議な建築
甦ったガウディ
下村純一 620 1986.07.20
講談社
不思議な建築―甦ったガウディ (講談社現代新書)
Amazonでみる
ガウディのパルク・グエル E.アルバラン 著
寿里順平 訳
2,233 1989.08.20
東洋書店
ガウディのパルク・グエル
Amazonでみる
アントニ・ガウディとはだれか 磯崎 新 1,800 2004.04.10
王国社

Amazonでみる
アントニ・ガウディとはだれか
ガウディの伝言 外尾悦郎[†]
950
2006.07.20
光文社

Amazonでみる
ガウディの伝言 (光文社新書)
歿後,不遇の天才に屈したバルセロナ建築界のドン
ガウディになれなかった男
森枝雅司 1,553 1990.08.31
徳間書店
ガウディになれなかった男―歿後、不遇の天才に屈したバルセロナ建築界のドン
Amazonでみる
天才の影で忘れ去られたバルセロナ建築界の奇才
ガウディの影武者だった男
森枝雅司 1,650 1992.06.30
徳間書店
ガウディの影武者だった男―天才の陰で忘れ去られたバルセロナ建築界の奇才
Amazonでみる
 
ミケランジェロ




INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
ミケランジェロ伝
-付.ミケランジェロの詩と手紙- 
アスカニオ・コンディヴィ 著
高田博厚 訳 
10,000  1978.02.10
岩崎美術社 
   ミケランジェロ伝
Amazonでみる
建築家ミケランジェロ アレッサンドロ・ノーヴァ 著
日高健一郎/河辺泰宏/石川清 訳 
7,000  1992.05.31
岩崎美術社 
   建築家ミケランジェロAmazonでみる
彫刻家ミケランジェロ    ヴァレリオ・グァツォーニ 著
森田義之/大宮伸介 訳 
7,000    1992.05.31
岩崎美術社 
   彫刻家ミケランジェロ
Amazonでみる
画家ミケランジェロ ピエル・ルイジ・デ・ヴェッキ 著
森田義之 訳
7,000  1992.05.31
岩崎美術社 
   画家ミケランジェロ
Amazonでみる
ミケランジェロの建築 ジェームズ・S・アッカーマン 著
中森義宗 訳 
1,900  1976.08.10
彰国社 
   ミケランジェロの建築
Amazonでみる
BBSギャラリー
世界の巨匠
ミケランジェロ
フレデリック・ハート 著
大島清次 訳 
3,786  1992.03.10
美術出版社 
   ミケランジェロ (BSSギャラリー世界の巨匠)
Amazonでみる
システィーナ礼拝堂
よみがえるミケランジェロ 
ピエルルイージ・デ・ヴェッキジャンルイージ・コラルッチ 著
岡村 崔 撮影
若桑みどり監訳 
19,000  1998.05.21
日本テレビ 
   Amazonでみる
システィーナ礼拝堂―甦るミケランジェロ
光彩の絵画
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂
天井画の図像解釈学的研究 
若桑みどり  7,000  1993.02.28
哲学書房 
   光彩の絵画―ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂天井画の図像解釈学的研究
Amazonでみる
岩波新書25
ミケルアンヂェロ
羽仁五郎  280  1939.03.15
岩波書店 
民主主義の星・ミケランジェロという表現に違和感を感じる。 1939年という時代か。 ミケルアンヂェロ (1947年) (岩波新書)Amazonでみる
ミケランジェロ
その孤独と栄光 
会田雄次  1,359  1996.03.25
PHP研究所 
   Amazonでみる
ミケランジェロ―その孤独と栄光
芸術神ミケランジェロ
鼻の神話と隠された自伝 
ポール・バルスキー 著 中江彬 訳  4,300  1997.12.15
ありな書房 
   Amazonでみる
芸術神ミケランジェロ―鼻の神話と隠された自伝
岩波 世界の美術
ミケランジェロ
アンソニー・ヒューズ 著 
森田義之 訳
3,800  2001.09.28
岩波書店 
   Amazonでみる
ミケランジェロ (岩波 世界の美術)
さよならミケランジェロ ヴャルデマー・ヤヌシャック 著
藤田佳澄 訳 
2,000  1992.11.20
白水社 
ミケランジェロを描いた映画があることをこの本で知った。邦題「華麗なる激情」。らしいと言うか…。ミケランジェロ役はチャールトン・ヘストン。 さよなら、ミケランジェロ
Amazonでみる
建築巡礼5
ミケランジェロのローマ
長尾重武 2,300 1988.08.30
丸善
ミケランジェロのローマ
Amazonでみる
イタリアルネサンスの巨匠たち25・
マニエリスムへの流れ
ミケランジェロ
ルッツ・ホイジンガー 著
石井元章 訳
1,942 1996.02.29
東京書籍
Amazonでみる
ミケランジェロ (イタリア・ルネサンスの巨匠たち―マニエリスムへの流れ)
ミケランジェロ 田中英道  800  1991.04.10
講談社 
   Amazonでみる
ミケランジェロ (講談社学術文庫)
ミケランジェロの世界像
システィーナ礼拝堂天井画の研究 
田中英道  3,200  1999.03.16
東北大学出版会 
   ミケランジェロの世界像―システィナ礼拝堂天井画の研究
Amazonでみる
図説ミケランジェロ 青木昭  1,800  1997.10.17
河出書房新社 
   Amazonでみる
図説 ミケランジェロ (ふくろうの本)
Shotor Museum
システィーナのミケランジェロ
青木昭  1,748  1995.07.10
小学館 
Amazonでみる
システィーナのミケランジェロ (ショトル・ミュージアム)
修復士とミケランジェロとシスティーナの闇 青木昭  2,000  2001.04.20
日本テレビ 
    Amazonでみる
修復士とミケランジェロとシスティーナの闇
アウレリオ・アメンドラ写真集
ミケランジェロ ピエタ
アウレリオ・アメンドラ 写真
アントニオ・パオルッチ 解説
森雅彦 訳 
8,200 1999.02.24
岩波書店 
ピエタの写真集。 Amazonでみる
ミケランジェロ-ピエタ―アウレリオ・アメンドラ写真集
アウレリオ・アメンドラ写真集
ミケランジェロ メディチ礼拝堂
アウレリオ・アメンドラ 写真
アントニオ・パオルッチ/ジェームズ・ベック/ブルーノ・サンテ/アニェーゼ・パロンキ/フランチェスコ・パニキ 解説
森雅彦 翻訳 
9,709  1995.10.27
岩波書店 
   アウレリオ・アメンドラ写真集 ミケランジェロ-メディチ家礼拝堂
Amazonでみる
 
小説



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
粗い石
ル・トロネ修道院工事監督の日記 
フェルナン・ブイヨン[†]
荒木亨[†] 訳 
3,000  2001.01.28
形文社 
ロマネスクの傑作,実在のシトー派修道院ル・トロネを建設現場を舞台とするフィクション。お勧め。感動的な信仰の物語。 まえがきで訳者が怒りまくっているのが印象的だが,この姿勢には共感できない。
訳者自身がこの本から少なからずの影響を受け,プロテスタントからカトリックに改宗したというのも考えさせられる。 
ミケランジェロの生涯 ロマン・ロラン 著
高田博厚訳 
398  1963.02.16
岩波書店 
芸術家ミケランジェロの伝記。  ミケランジェロの生涯 (岩波文庫 赤 556-3)
Amazonでみる
ミケランジェロの生涯
上:1500-1527 桎梏者
ローズマリー・シューダー 著
鈴木久仁子/相沢和子/佐藤真知子 訳
各 3,800  1994.02
エディションq 
芸術家ミケランジェロの伝記小説。  ミケランジェロの生涯―桎梏者〈上 1500‐1527〉
Amazonでみる
ミケランジェロの生涯
下:1527-1564 砕かれたマドンナ 
ローズマリー・シューダー 著
鈴木久仁子/相沢和子/佐藤真知子 訳
各 3,800  1994.03
エディションq 
芸術家ミケランジェロの伝記小説。  砕かれたマドンナ 1527‐1564 Amazonでみる
天才建築家ブルネレスキ
フィレンツェ・花のドームはいかにして建設されたか 
ロス・キング 著
田辺希久子 訳 
2,800  2002.07.05
東京書籍 
ルネサンスの建築家,ブルネレスキの伝記小説。  Amazonでみる
天才建築家ブルネレスキ―フィレンツェ・花のドームはいかにして建設されたか
平凡社ライブラリー
大伽藍
神秘と荘厳の聖堂賛歌 
J.K.ユイスマン 著
出口裕弘 訳 
1,539  1995.07.15
平凡社 
実在するフランスのシャルトル大聖堂を舞台とする小説。ゴシックの傑作シャルトル大聖堂の芸術的考察が行われる。  残念ながら抄訳。全16章の内,第4,10,14〜16章は訳されていない。  Amazonでみる
大伽藍―神秘と崇厳の聖堂讃歌 (平凡社ライブラリー)
神の植物・神の動物
-J.K.ユイスマン「大伽藍」より- 
J.K.ユイスマン 著
野村喜和夫 訳 
2,400  2003.02.24
八坂書房 
ユイスマンの大伽藍のうちの第10章,第14章の抄訳。  Amazonでみる4896948130
 
その他



INDEX
書名 著者 価格
-税別-
発行 ひとこと
商店建築 2006年7月号
業種特集 ウェディング施設&チャペル

1,934
2006.7.1
商店建築社
醜悪。
驚くほど見るべきところがない。
Amazonでみる
商店建築 2006年 07月号 [雑誌]
10+1 No.38

1,500 2005.04.10
INAX出版
「日本人と結婚式教会・五十嵐太郎」の項あり
Amazonでみる
10+1〈2005(No.38)〉
10+1 No.43
1,500 2006.07.10
INAX出版
「本物の教会/フェイクの教会・五十嵐太郎」の項あり
本物の教会堂がフェイクに陥らないよう一読の価値あり。
10+1〈No.43(2006)〉特集 都市景観スタディ―いまなにが問題なのか?
Amazonでみる
春秋No.480号 五十嵐太郎・村瀬良太 共著 68 2006.06.25
春秋社
「結婚式教会とは何か(上)」の項あり。
教会堂風結婚式専用建築の研究。
春秋No.481号 五十嵐太郎・村瀬良太 共著 68 2006.08.25
春秋社
「結婚式教会とは何か(下)」の項あり。
教会堂風結婚式専用建築の研究。
村瀬氏より取材を受けた際の永野のコメントが掲載。
結婚式教会の誕生 五十嵐太郎著 1,900
2007.08.30
春秋社
教会堂風結婚式専用建築の研究。「10+1」「春秋」等の掲載文を元に書籍化。
永野のコメントが掲載されている。日本の末期的状況がひしひしと伝わってくる。詳しくはこちら
Amazonでみる
「結婚式教会」の誕生
林檎の礼拝堂 田窪恭治 1,800 1998.10.31
集英社
教会なき教会堂。何の為?
オリジナルの方が美しかった。
Amazonでみる
林檎の礼拝堂
大聖堂の秘密 フルカネリ 著
平岡忠 訳
4,400 2002.08.21
国書刊行会
ゴシックの図像学。
但し異端的。
Amazonでみる
大聖堂の秘密



INDEX